【テリー書評シリーズ】「学ぶ」ということで子供を助ける。経済学からみた教育の本。

こんにちは、勉強会に参加して息子にお金の英才教育始めています。
テリーです。

最近、非公認ではありますが、勉強会に特典が追加されました。
幼児に「バイバイ」と手を振ってもらえる権利です。
私の息子が勉強会参加者がお帰りの際に、手を振ってお見送りいたします。
「カワイイ!」と仰っていただく方も多いです。
ぜひ、癒されに来てください。
なお、こちら不定期となりますので、ご注意ください。

さて、勉強会に参加することで早くから教育をしているわけですが、
参考となる本がありましたので紹介いたします。
タイトルは「学力の経済学」です。

本の紹介

こちら、著者が教育経済学者で、
データを基にして教育の効果を紹介しています。
これは、経験則ではなく、実際に実験を行い、
そこから導き出された結果を基に、
効果があるとされる教育方法の紹介をしています。

教育方法に関する親の不安に答える

この本の前半は、多くの親が不安に思っている教育方法に、
科学的根拠を基に回答しています。

社会情勢の変化が著しい昨今、
自分と同じ教育方針を子供に示しても、
大人になった時に通用するかはわかりません。

そんな親の不安に対する助けになる知識が得られるのではないかと思います。

なお、本の後半は日本の教育現場に対して、
科学的根拠を取り入れた教育をしたら良いのではないかという、
提案となっています。
個人的には、こちらの内容も興味深いものでした。

結果を数字で表している

この本では、教育の結果を数字で表しています。
就職率がどのくらいになったか、年収の平均はいくらなのか、
犯罪の発生率はどれくらいなのか。

これらは「具体的な結果」なので、読んでいる方としては納得しやすいです。
もちろん、鵜呑みにすることは危険ですが、
この結果を基に、効果がありそうな手を考えることができます。

この本を読んで

先にも書きましたが、この本の後半は、
日本の教育現場に対する提案となっています。

この内容を読む限りでは、日本の教育というものに対する不安は、
かなり強くなるのではないかと感じました。

ただ、教育というものは学校だけではなく、
家庭内も教育の環境内であると私は思います。
学校教育でできないことは家庭で補足し、
家庭でできないことは学校で補足していけばよいと考えています。

「教育は学校に任せておけば問題ない」
この考え方だけは、確実にとってはいけないものだと思います。
この意識を強くすることになる内容だと思いました。

最後に

今、何かしらの勉強会に自主的に参加されている方は、
子供のころから「学ぶ」という行動を
とっていたのではないかと思います。

私も自分の息子には、自主的に「学ぶ」という行動を
とってほしいと思っています。

そのためにできることは、自分が手本となって示すことは、
手段の一つだと思っています。

本を読むことや、勉強会に参加すること。
息子に見せながら成長し、
学ぶということは楽しいのだと教えていきたいと思っています。

そのためにも、普段から学ぶという行動をとって習慣化し、
長く続けていきたいと思っています。

皆さんも、学ぶという行動を習慣化してみませんか?




テリー 小林
環境を変えることでこれだけ変化があるということを伝えて、 人生がより良くなるためのお手伝いをしていきたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事