【買い物で失敗しない!】「欲しいもの」より「必要なもの」を買う!ミニマリストに学ぶ買い物の考え方

どうしても買いすぎちゃうあなたに贈りたい!ミニマリストの考え方。

4月も半分以上過ぎましたが、いかがお過ごしですか。

こんにちは。ファイナンシャルカレッジのおねんねマンボウ、浅野です。

新しい生活がスタートした人も多いのかなと思います。

そんな時は新しい環境に備えて買い物する機会も増えますよね。

春ということで、カラフルな服とかフワフワな服に目を奪われたりして。

しかし!欲しい欲しいで買い物をしていると、当然大変なことになる訳です。

片付けられない私にミニマリストの友人が教えてくれた「増やさない」利点。

恥ずかしながら、わたくしは片付けがとてつもなく苦手でして。

しかも一人暮らしに選んだ部屋が、駅近という利便さと引き換えに

部屋の面積を犠牲にしたような物件で、部屋が狭い!

片付け下手に狭い部屋なんて、最悪の組み合わせです。

そんな訳で部屋の片づけは私の至上命題でした。

しかし一向に向上しないマイ片付けスキル…

見かねたミニマリスト思考の親友がアドバイスをくれました。

 

部屋に収まるもの以外は捨てろ

当然ですね。収まりきらないから片付かない。

とにかく一回収める。収まらないものは捨てる。シンプルです。

でもどれを捨てたらいいの、助けてドラえもん!

 

必要な量を洗い出し、それ以上は増やさない

ファイナンシャルカレッジ随一のWAKA画伯ほどではありませんが図示してみようと思います。

何枚あれば服は事足りるか

何枚あれば服は事足りるか

2日に1回洗濯機を回せる場合、

洗い替えを含めても4枚あれば

ローテーションが回せることが分かります。

つまり、極論これ以上服はなくても生きていけるということです。

これを必要な量と考えます。

そして、新しい服がほしくなったら、今持っている服を捨てる

必要な量以上にしない。

バッグは用途別に考えました。用途が被らないもののみにする。

 

これを行うと、

手元に残すものは当然良く着るもの、もしくはお気に入りのみになります。

もし新しい服/バッグがほしくなった時でもこの状態であれば、

「お気に入りを捨ててまでほしいものか?!」

と葛藤をすることになります。

私の場合、もったいない病も持っておりますので、

まだ着られるもの、お気に入りはそうそう手放せず、

従って新しい方を諦める方向になることが多くなりました。

これって、

「ほしいもの」から「必要なもの」

への考え方に変わってきているんじゃないかと思います。

 

通販もコンビニもある現代において買い置きは不要!!

調味料やトイレットペーパー等、生活必需品全般に言えることです。

2017年は元旦くらいは休もうや、という風潮になりましたが、

それでも1/2にはデパートも開きだすし、

通販もクロネコヤマトが病むレベルで早く配達してもらえ、

コンビニが24時間開いてくれている、そんな現代。

なくなったらすぐに買えるんです。

したがって買い置きは必要なし!

予備がないと若干不安な気持ちになるのは不思議ですね。

でもここは続けていくと案外慣れますよ。

浪費、空費の話をファイナンシャルカレッジの無料体験会で知り思ったことは、

「ほしいもの」ではなく、

「必要なもの」を買う考え方

が必要

ということでした。

友人がくれたものは片付けのためのアドバイスでしたが、

これって節約に通じるものがあるなあ。とやってみて思ったんですよね。

シンプル故に割と実践しやすい考え方なので、

私はとても助かっています。

 

さて、蛇足ながら最後にもうひとつ。

上記をもってしてもまだ片付かないので(泣)、何でかなと考えて思い至ったこと。

捨てるものに例外を作らない。

今、服とカバン、生活必需品については上記ルールで運用できているのですが、

本、

CD、

着物、

セミナー、勉強会でもらうプリント類

これが現在適用外になっていると気が付きました。。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

折角得た知識を活かすためにも、連休あたりに整理しようと思います。

片付いたら友人を招いてタコ焼きパーティーしたいです(^。^)




浅野瑞江
私にとってのFCは、今まで縁遠いと思っていたものや未経験のものに挑戦したり考える機会をくれました。 最初FCに出会ったときは、分かりやすく面白い講義や参加している方々を魅力的だと思うと同時に、縁遠いと思っていたものに向き合うことに怖さも感じました。 投資、不動産、人脈…とかとか。 FCに出会うまではそんな単語が自分の口から出てくるようになるとは思いもしなかった。その位、お金の話や人とのつながりは縁遠いものと思っていました。 だから、今の自分の状況がすごく不思議だし、面白いし、この先どうなっていくのかなとワクワクもしています!

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事