【アニキの株塾】後進国の市場事情をどう見るか?

よぉ、みんな元気か?
Financial Collegeのアニキ
チンピラトレーダーの中川だ。

先日、カンボジアへ行ってきた
これまで年イチペースで行ってたんだけど
今回は2年ぶり。

さすが高度経済成長期真っ只中のカンボジア
2年見ないだけで、かなり様変わりしていた。

色んな珍事もあったけど
その辺はfacebookで見てもらえれば(^_^)

 

さて今回は、株トレーダーっぽく
株の観点からカンボジアを見てみようと思う。

 

カンボジアの市場は生まれたて

カンボジア証券取引所は
2011年7月11日に設立されており
まだ設立から7年ちょいしか経っていない。

ちなみに東京証券取引所は、齢120年以上。

まさに生まれたばかりの市場なのだ。

 

裏にはやはり、カンボジアの悲しい歴史

なぜここまで遅れていたのか…
そう、ポルポト政権による内戦があったから。

なんと、たった4年間で
総人口800万足らずのうち
300万近くのカンボジア人が虐殺された。

正確な人数は、今もわからないらしい…

まぁ今回はポルポトの話ではないので
この話はこの辺で。

 

まだまだ少ない上場企業

なのでカンボジアは
ASEANの中でも経済発展が遅れている。

記念すべき上場第1社目は
2012年4月に上場を果たした
「プノンペン水道公社」という
国が出資するインフラ会社。

俺が初めてカンボジアへ行ったのは2014年
その時も、初上場から2年経っても
まだ2社しか上場されていなかった。

2018年現在、いまやっと
5社が上場しているらしい。

ちなみに日本は
東京証券取引所だけで3600社以上ある。

 

今後大きな経済成長が見込める

カンボジア証券取引所に上場している企業は
まだまだ少ないが
今後はカンボジアの経済成長と共に
上場企業は増えていくだろう。

そうすれば当然市場は活発になり
経済発展とともに株価は上がっていく
ことが予想される。

 

カンボジアは経済発展が遅れている。
しかしそれは、逆を言えばこれからなのだ。

首都プノンペンに
巨大カジノ『ナガワールド』が建設されたり
(今回行ったら『ナガワールド2』が出来てた)

一昨年には成田から首都への直行便が開通

など、外国人誘致の動きが活発になっている。

 

また『AEON』をはじめとする
日系企業もカンボジアに進出するなど
諸外国の注目度も高まってきている。

海外からヒトやカネが入ってきて
これからの更なる伸びに期待大だ。

 

ちなみに、5社の上場企業のうち
ひとつはアパレルメーカーだそう。

 

自分はどう関わっていく?

カンボジア企業の株を買えと
言っているわけではない。

ただ、これから経済成長が明らかな国を
どう見てどう感じるか。

『後進国』というのは
つまりは『後発隊』

先人たちが築いた道や技術の恩恵を
最大限に受けられる。

成功も失敗も
先人たちが経験してくれているのだ。

そりゃ、成長速度もハンパないでしょ。

 

移り変わりの激しい現代の世の中で
どれだけ自分の思考を柔軟にし
どう積極的に関わっていくのか

考えてみるのも面白いと思う。

 

【まとめ】

自分の価値観に固執し
新たなモノを拒否する事を
「老害」という。

時代の流れに取り残されるな。




中川祥徳
専業の株トレーダー。『お金に対する思い込みが外れればお金に関わる全ての事は上手くいく』 Financial Collegeで【正しいお金の判断基準】が身に着いていくにつれ、 トレードで安定した成果を残せるようになり、結果独立できるまでに至りました。将来的には、真面目にお金の話ができて、ビジネスで組む事もできて、 遊びとなれば思い切りバカな事もできる、そんな仲間たちが集う 日本一のコミュニティを作り上げたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事