ペイモ決済手数料導入から学ぶ、転職・独立の考え方

よぉ、みんな元気か?
financialcollegeのアニキ
チンピラトレーダーの中川だ。

ちょっとショッキングな出来事があった…
「あぁ、いよいよか」とも思ったけどね

一本の通知

オンライン決済サービスを提供している
paymo biz(通称ペイモ)

オンライン決済サービスは
他からも多数出ているが
ペイモさんは圧倒的に簡単、便利で
使いやすいんですよね。

俺も主催イベント(通称中川会)
で愛用させてもらっており
最近はファイナンシャルカレッジでも導入しました。

 

しかし、2018年04月23日
決済手数料を導入します
という通達が来た。

それまでは決済手数料無料
入金されたお金の出金時のみ手数料が発生
という形態だったのだ。

 

戦略ミス?

瞬間的に
勿体ない方向性に舵を切ったな
と思った。

せっかく先行者として
市場を獲得、拡大したのに。

いまはまだ大丈夫だろう。

しかし
後続者が同レベルのシステムで
決済手数料無料で打ち出してきたら…

 

きっとユーザーはそっちへ流れる。

 

せっかく頑張って市場開拓したのに
より良いサービスを打ち出されたら
あっという間に奪われる

 

技術は、いつかパクられる。
『付加価値は収束しやがてゼロになる』
という法則があるのだ。

 

昔は高くなかった?

今は当たり前に使えている技術やサービス
昔は高かった記憶はないだろうか?

いまや、持ってて当然の携帯電話。
サービス開始当初を覚えているだろうか?

デカいし、悪い音質で通話しかできない…
なにより高かった。

契約時の保証金に10万円
その他初期費用で10万円
合計20万円近くの金額が必要だった。

で、さらに
毎月の基本使用料は1万9,000円
もしていたのだ。

だが現代はスカイプやLINE通話を使えば
世界中の誰とでも無料で通話できてしまう

 

(蛇足だが、日本での携帯電話の始まりは
『自動車電話サービス』
車に搭載という形から携帯電話は生まれた
今じゃそんな車、作った瞬間アウトだね)

 

どんな革新的技術もいずれ…

最初は、その技術に高い価値がつく
評価と言ってもいいかもね。

しかしそれらは競合他社により
いずれマネされ改良され
どんどんコストが下がっていく。

そして、やがてゼロになる

 

家電製品もそう。

冷蔵庫・洗濯機・テレビ
昔は三種の神器などと呼ばれ豊かさの象徴
お金持ちの家にしかなかった。

でも、いまじゃ持ってて当たり前。

そして最近のあまりの多機能っぷり
むしろ
「もうそんなにいらないんじゃね?」
と感じてる人も多いのでは?

 

だが、そうして

どんどん付加価値をつけていかないと
競合他社に負けていく。

どうせなら、と
安く良いモノを、消費者は求めるからね。

 

これがいわゆる「レッドオーシャン」
血で血を洗うという意味の、価格戦争だ。

 

どんどん高機能を求められるのに
どんどん価格は安くなり…

その価格の下落は、人件費に跳ね返る。

そりゃブラック企業も増えますよ。

 

マネされない能力と『感性』を磨け!

転職するときや
画期的アイデアを思いついたとき
ぜひ気を付けて。

差別化できていますか?
それ、簡単にパクられたりしませんか?

こういう部分に感性を働かせられると
競争のない未開拓市場、ブルーオーシャン
を見つけられるかもしれないね。

 

競合他社が現れたとき
ペイモは次の一手をどうするか
楽しみです。




中川祥徳
専業の株トレーダー。『お金に対する思い込みが外れればお金に関わる全ての事は上手くいく』 Financial Collegeで【正しいお金の判断基準】が身に着いていくにつれ、 トレードで安定した成果を残せるようになり、結果独立できるまでに至りました。将来的には、真面目にお金の話ができて、ビジネスで組む事もできて、 遊びとなれば思い切りバカな事もできる、そんな仲間たちが集う 日本一のコミュニティを作り上げたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事