【アニキの株塾】気をつけて!自分の無能を露呈していませんか?指標の本質を知るということ

よぉ、みんな元気か?
FinancialCollegeのアニキ
チンピラトレーダーの中川だ。

最近、『株塾』とか書いておきながら株の話全然してなかったから、
今日はちゃんと株の話書きます(^_^;)

今も昔も変わらない相談事

トレードの相談を受けていて、最近またよく聞くようになった言葉
「移動平均線ではもう儲からないですよね」

昨今の暗号通貨人気で、またトレードを始めた人たちが増えてきたのかな

移動平均線の部分が『MACD』や『ボリンジャーバンド』に変わったりすることもあるが、

とにかく

「この指標はもういまの時代には使い物にならなくなった」
と言う人が、昔から後を絶たない。

それこそ、俺が株を始めた10年以上前から同じような言葉が言われ続けてる。
10年で、だいぶ周りの環境も変わってると思うけどね。

「儲からない『ですよね』」
って、俺に何の確認をしようとしているのか?
どんな答えを待っているのだろうか?

移動平均線に限らず、これら指標や理論は、歴史の長いものは100年以上も市場で使い続けられている。
だから、そんな前時代的な指標は、もう現代では通用しないと言いたいのだろうか。

しかし事実として、今なお使われ、これで利益を上げ続けている人もいる。

 

100年前の指標は有効か否か

この質問の答えは、これらの指標や理論の歴史を振り返れば明らかだ。

結論として、100年以上市場で使い続けられている指標や理論は、今も間違いなく有効に使える。

間違いなくだ!!

 

そもそも、そうでなければ、これだけ長い間市場で使い続けられるなんてあり得ない。
有効でなければ、とっくに廃れ、この世から消えてしまっているだろう。

「今も使い続けられている」
これこそ、何よりの証明だ。

ではそもそも、株価はなぜ指標に則った動きをするのか?

 

相場の本質、指標の本質を理解する

指標は、群集心理がその流れと有効性を作り出している。

過去これまで「株価が移動平均線にタッチしたら反発する」
というのを見てきた市場参加者たちが、今後もその反発を信じ、そのタイミングが来た時買いに入る。だから上がる。
買われるから反発し値が上がるのだ。

株価は売買によって、その値段が変動していく。
オークションと同じで、「買いたい」という人間が多ければ、どんどん値段は上がっていく。

つまり
指標に株価が反応して動いているのではなく
指標に参加者が反応して動くから、結果株価が動くのだ。

株価と指標(もしくはニュース)の間には、人がいるのだ。
人の思考、群集心理に突き動かされ、株価は上にいったり下にいったりしている。

 

古い指標はそれだけみんなが見ている

人の心理は、今も昔も変わらない。
目先の損得に踊らされ、上がればワクワク、下がればドキドキ
1円でも安く買いたいし、1円でも高く売りたい
そしてみんな、未来を見通せる水晶のような手法を追い求める。

 

今も昔も、そんな市場参加者たちが見続け、判断基準としているのが『移動平均線』。

99.9%(全てを確認したわけではないので100とは言えない)のチャートソフトに標準装備されている。

一番基礎的で一番大勢が見ているだろう指標だ。

株に限らず為替や先物、最近では暗号通貨のチャートでさえ使われている、古典であり最もポピュラーな分析ツールなのだ。

 

だから移動平均線がセオリー通りに動きやすく、有効性が出やすい。

自動売買が流行ってきているが、そのアルゴリズムを考えるのも人間だし、選ばれる基準は、やはり『広く使われている指標』だからね。

「移動平均線では儲からない」
と、言うのは勝手だが、市場参加者の大多数がこの指標を信じている現代では、きっとまだまだセオリー通りに動いてくれるのではないだろうか。

アニキの使う指標は

ちなみに俺は『25日』と『75日』の移動平均線を使う。

なぜかというと、移動平均線の中でも特に『75日』がよく見られているので、だから俺も『75日』を使っている。
それだけのこと(「移動平均線」で検索してみてほしい。数字を入れなくても、誰かのブログだったり証券会社のHPだったり、『75』という数字がよく目に入ってくるはずだ)。

だから逆に言うと、『80日』とか『90日』に平均線を引いたって、そこでセオリー通りには動かない。
そんな数字、だれも見ていないから。

 

自身の無能を露呈しないよう気を付けて

現存する全ての指標、全ての理論で利益を上げることができる。
もちろん好き嫌いを含め、指標との相性、使いやすい使いにくいがあるのは事実。

しかし

「○○では儲からない」
この言葉を発する人は、まだ何もわかっていない証拠。
指標を、たかだか数か月か数年分くらいの検証をしただけだろう。

「○○では儲からない」
この言葉は、自分の無能をさらけ出しているだけ。

「○○では儲からない」
と言っていつまでも、ありもしない『奇跡の手法』を信じ、次から次へセミナーや本を渡り歩く。

 

そうではなくて、
「どう使えば○○で儲けられるのか?」

と、脳と手を使ったほうが発展的。
そうすれば、いずれその指標があなたに利益をもたらしてくれる。

 

指標の本質は、100年前から何も変わっていない。
目先の数値や種類、そして周りの評価に惑わされず、一生付き合っていける、相棒のような指標に、早く出会えるといいね。




中川祥徳
専業の株トレーダー。『お金に対する思い込みが外れればお金に関わる全ての事は上手くいく』 Financial Collegeで【正しいお金の判断基準】が身に着いていくにつれ、 トレードで安定した成果を残せるようになり、結果独立できるまでに至りました。将来的には、真面目にお金の話ができて、ビジネスで組む事もできて、 遊びとなれば思い切りバカな事もできる、そんな仲間たちが集う 日本一のコミュニティを作り上げたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事