そうだ子供が生まれたので確定申告をしよう!~確定申告で育児資金を回収~

こんにちは、日に日にできることが増えていく
子供の成長が非常に楽しいです。
テリーです。

以前は寝る・泣く・飲むくらいしかしていなかったのですが、
最近はしゃべる・笑う・動くが加わり、
楽しむ要素が増えています。

そんな可愛いうちの子を世に生み出すために使ったお金ですが、
確定申告で回収できるので、少し返してもらおうと思います。

確定申告のおさらい

さて、2017年分の確定申告ですが、
書類の提出期間は2月16日から3月15日までとなっています。

この期間内に、以下の条件に当てはまる方は確定申告の書類を、
お住いの地域の税務署に提出する必要があります。

・給与の年間収入金額が2,000万円を超える方

・給与を1か所から受けていて、かつ、
その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、
各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の
合計額が20万円を超える方

・給与を2か所以上から受けていて、かつ、
その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、
年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との
合計額が20万円を超える方

その他詳細は以下参照
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/teishutsu.htm

こちらの条件は「確定申告が必要」な方の条件です。
私のように、医療費控除を受ける方は「確定申告をする必要はない」のです。
申請があれば還付金を返しますというスタンスなので、
知らずに申告しない場合は返ってこないことになりますので注意です。

その他、会社の年末調整提出後に保険を契約した場合も、
確定申告で控除の対象となる可能性があります。

医療費控除について

医療費控除に関してですが、控除を受ける医療費の条件は、
・納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
・その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。
となります。
なお、保険が適用されて保険金がある場合は、その金額を引きます。

上記、医療費の合計額から10万円を引いた金額が控除対象金額となります。

要は、1年分の家族で使った医療費が10万以上だったら控除対象となるということです。

控除に必要な書類ですが、昨年までは領収書の提出が必要でしたが、
今年からは明細書を作成してそちらを提出するだけで良くなりました。
※ただし、領収書は5年間の保管が必要です。

明細書の作成は、国税局のホームページから、
確定申告の書類作成と同じように作成することができます。
病院に行った人の名前、病院名、行った目的、払った金額を、
入力していくだけで明細書が作成されましたので、非常に楽でした。

可愛いうちの子が来てくれるために使ったお金が返ってくるので、
それをもとに何か買ってあげて、さらに可愛くしようと思います。

その他今回の申告で学んだこと

今年の申告では、仮想通貨に関しても収入がありましたので、
そちらに関しても調べました。

種類としては「雑所得」となり、20万円以上の収益がある場合は、
申告が必要なようです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1906.htm

仮想通貨の税金がいくらになるか、計算式に関する説明は、
以下の資料となります。(PDFファイル)
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf

非常に面倒な計算式となっています。
freeeなど、web上で確定申告書類作成をしているサービスを提供しているサイトで
仮想通貨の計算をしてくれるサービスも出てますので、
そちらを使用した方が良いと思います。
https://www.freee.co.jp/kakuteishinkoku/cryptocurrency/

仮想通貨で一儲けできた方の参考になれば幸いです。

会社勤めを普通にしている場合、出産や入院レベルの病気・けがをしない限り、
確定申告をする機会はないと思います。

ですが先日の節税セミナーで、サラリーマンでも年間20万円を売り上げることで、
確定申告で節税できることを知った方もいらっしゃると思います。

 

昨今はメルカリなどで、
知らず知らずのうちに条件を満たされることがおこるため注意が必要です。

副業を解禁している企業も増えていますので、
今年は来年の確定申告に向けて、
動いてみるのも良いのではないかと思います。




テリー 小林
環境を変えることでこれだけ変化があるということを伝えて、 人生がより良くなるためのお手伝いをしていきたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事