【コインチェック騒動続編】えっ!?あれよあれよと事態は進んでおります(==;)

ういっすWakaです!!

前回より

NEM(ネム)!? コインチェックがハッキングされ、資産が引き出せない僕の実録日記

 

これからどうなるのかな~思ってましたら、自分の予想よりも早く事態が動いていました。

進捗確認

NEM保有者に補償へ 1月28日付け

まさかの保有者へ日本円で保障するという一報が入りました!!

早いですね~事件が発覚して2日間での発表です。
ただし実際にどうなのでしょうか?

いくつか疑問が生じます

いつ返ってくるのか?

実際にどのタイミングで返ってくるかは、まだ何も発表がありません
もしかしたら5年・・・10年後の可能性も・・・

返済できるほどの資金はあるのか?

Web上では色々な情報が乱立していますね

ある人はそんなに資金はないであろうと言う人もたり
そのなかでも

「自作自演のインサイダー」

なんて記事も・・・・

https://matome.naver.jp/odai/2151723188913229701

 

なにわともあれ焦らず騒がず・・・(- – :)

かなり世間を騒がせている今回の事件ですが
Financial Collegeの講義でも良く出る

外部環境とFollow The Money

この2点を注視していく事が重要と考えます!

外部環境

前回も書きましたが、世間で仮想通貨のCMや広告が氾濫してきました。
自然に広告やCMが出てくるわけではありません。

誰かが売りたい、知らせたいと思惑があって広告やCMが流れます。
そして報道もまた、誰かによって選ばれて流れています。

 

Follow The Money

大変重要な項目です!!
お金の流れを見れば、事実が見えてくる

耳にタコな言葉ですね♪

以上2点を今回のコインチェック問題で私なりに当てはめてみます。

CMが流れ出した、報道が過熱している(外部環境)

これは外部環境の変化ですね。
自分のコインの価格や、他のコインの価格を見るだけでなく
取引所(コインチェック)の動きや、仮想通貨の世間での認知度を見る必要があったのかと思います。

世間での認知度についてはこちらをご覧ください※『ウォール街の靴磨き』参照

【アニキの株塾】ビットコインは生き残れるか?

返済資金はどうなっているのか?を調べてみる

返済できるのか?と書きましたが
それこそ今回の件は、お金の流れを調べるのがいいと思いました。

そこで出会ったのが先ほどリンクを貼らせていただいた「インサイダー疑惑」です。

ある一方では「足りない」もう一方では「インサイダーで用意してある」と

自分なりに調べ経験し次回に生かす

私個人の感想で、今回の騒動はとても勉強になりました
情報の取り方や調べ方、分析等まだまだ未熟ですが、自分なりにでもどうするべきかを考える。

そして次に生かす

これが大事かと思いました
これからも進捗注視しなにか動きがあれば報告させてもらいます

 

最後に・・・

前回も書きましたが、アドバイスをくれる人はとても大事だと感じました。

北田講師をはじめ
スタッフのみんなとも「あ~でもない、こ~でもない」と話しました。

 




waka
ファイナンシャルカレッジのお笑い担当。 FCは参加者同士、学びながら刺激しあい楽しく交流できる場です。 スタッフとしてみんなと共に学び関わってくれた人が一人でも多く良かった思われるよう本物の笑顔を作れる環境や輪を広げていきたいです。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事