【アニキの株塾】ビットコインは生き残れるか?

よぉ、みんな元気か?
financialcollegeのアニキ
チンピラトレーダーの中川だ。

ここ最近、常々思っていた
「ビットコイン、そろそろ暴落するんじゃね?」
という記事をいよいよ書こうと、ビットコインの現状を含め色々調べてみたら…

なんとつい先日(2018.01.17)、40%もの下落をしたようだね。

なんてこった!!

せっかく書こうと思っていたのに、
これじゃ後出しじゃんけんじゃないか…(ー_ー;)

でも、構想をボツにするのも勿体ないので、書きます(^_^;)

異常なビットコイン過熱

最近、ビットコイン関連の情報が多くなってきたと思わないだろうか?
CMやら広告やら、至る所で目や耳にします。

俺個人にもこれまで
「ビットコインやりませんか?」
と言った『お誘い』がどれだけ来たことか・・・

「ビットコイン」でメッセージ検索してみたら、これまでに30人ほどから、早い人は3年も前から、ビットコインを勧めてくれていた。

みんな、営業熱心だこと。

『ウォール街の靴磨き』

すこし、歴史を見てみよう。

1929年、ウォール街は歴史に残る大暴落に見舞われた。
破産者が続出し、絶望から何人もが自ら命を絶ったという。

そんな大暴落に、興味深い逸話がある。

ある日、ジョセフ・P・ケネディ
(アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの父親)
は、ウォール街の路上で靴を磨いてもらっていた。

その時、靴磨きの少年が

おじさん!これからこの銘柄は絶対上がるんだ!
だから今のうちに買っておけば儲かるぜ!

と、頼みもしないのに銘柄を教えてきた。

これを聞いたパパケネディは
「靴磨きの少年までもが株の話をするとは、もはや株式市場は天井だ…」
と危機感を覚え、保有していた株をすぐさま売り払った。

結果パパケネディは、全く無傷で大暴落をやり過ごすことが出来ました…めでたしめでたし(つくり話という説もあります)

これまで投資に無縁だった主婦や学生が相場に新規参入してくる
雑誌やテレビ、メディアが相場を盛り立てる

それはしばしば、相場の天井を暗示している。

投資対象としては時期尚早

俺の考える投資対象の基準は

一定数の市場参加者・参入者がいて(流動性)
一定数の値動きがあり(変動性)
土台となる市場自体のインフラが整っている(安全性)

ある程度健全に売買できて
その世界がちゃんと構成・維持されているのか

買えても売れなきゃハナシにならないし
ある日突然、市場そのものがいきなり消滅されたら困るでしょう。

それに照らし合わせると、
ビットコイン(を始めとした仮想通貨)の世界は『時期尚早』

「まだ生まれたばかりなので、土台が危うい」

というのが俺の個人的な考えだ。

電気代がハンパない

ビットコイン取引には、膨大な電力を消費する。

ビットコインの取引には「マイニング(採掘)」と呼ばれる、全ての取引データの整合性を取りながら正確に記憶する複雑で膨大なコンピューターの計算処理を必要とするシステムを使っているためだ。

取引の都度アメリカの9家庭分が1日に消費する電力を必要としていて、なんと現在ですでに、デンマークの国まるまるひとつの電力消費量に相当しているらしい。

さらに、このままのペースでビットコインの利用が拡大していくと…
2019年にはアメリカの消費電力に相当し
2020年には全世界の消費電力に追いついてしまうとの計算報告もある。

考えてみりゃ、いまや世界中で好き勝手に取引されまくってるコインを、一本に紐づけて監視・管理しなくちゃいけないと考えたら、そりゃ莫大なエネルギーを使うわ。

バブルは必ず終わる

今日までのビットコイン過熱感は、400年前の『チューリップバブル』を彷彿とさせる。

※チューリップバブルについて詳しくは
【アニキの株塾】「バブル」の時は冷静に。見えない価値に踊らされなければ勝機はある!
を参照してくれ

最初は小さな範囲で取引されていたチューリップ球根がどんどん値上がりし、なんとサラリーマンの生涯年収に相当するほどまでになってしまったのだ。

だがそんな異常な高騰が、未来永劫続くはずもない

チューリップはやがて暴落し、再びバブルが起こることはなかった。

バブルは、必ず終わる。
これは大前提だ。

これから来る暴落や乱高下を乗り越えて存続できるか、消費電力等の欠点を克服出来ず消滅してしまうか…
ビットコインを投資対象として見るかの分かれ目は、ここかな。

花と散るか?株と成るか?

ビットコインが

花(チューリップバブル)のようにひと時の夢で散ってしまうか
はたまた
株のように、前述したような大暴落・大恐慌を何度も経ているのに、その制度が今もなお生き続け、立派な投資対象としてその地位を確立するか

もしかしたら、答えが出るのは、もうすぐかもしれないね。

※仮想通貨に限らず、投資は自己責任でやりましょう




中川祥徳
専業の株トレーダー。『お金に対する思い込みが外れればお金に関わる全ての事は上手くいく』 Financial Collegeで【正しいお金の判断基準】が身に着いていくにつれ、 トレードで安定した成果を残せるようになり、結果独立できるまでに至りました。将来的には、真面目にお金の話ができて、ビジネスで組む事もできて、 遊びとなれば思い切りバカな事もできる、そんな仲間たちが集う 日本一のコミュニティを作り上げたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事