遺品整理をしていたら札束に純金・・そんなにお金を貯め続けてどーするの?

パッパラパッパッパー パッパラパッパッパー (ラッパ音
こんにちわ。私がファイナンシャルカレッジの清水軍曹です。

テレビを見ていると、ふとお金について考えさせられる放送を目にしました。
今回はそのことを書いていきたいと思います。

日本人の資産のピークはいつ?

最近のセミナーでは見かけなくなりましたが、
過去にはこんなワークがありました。

アメリカ人と日本人、資産のピークはいつ?

アメリカ人 → (        )
日本人 → (         )

ちなみにアメリカ人は 60歳 がピークになります。
そこからを取り崩しながら、寿命を迎えることになります。

はてさて、日本人は何歳でしょう?

たしか65歳、68歳、70歳とか、そのあたりの回答が多かったと記憶しています。

しかし答えは 死ぬ時  です。

日本人は死ぬまでお金を貯め続け、そして使うことも無く死んでいくのです。

お金は交換することに価値が出てくるわけですが、
「お金自体が大好き」という日本人の性質を示す良問でした。

遺品整理をしていると、現金・純金がザックザク・・

2017/12/26 放送のテレビ東京「ガイアの夜明け」を視聴していました。
その内容の一部を抜粋します。

「空き家から3000万円以上!眠れるマネーの実態」

1人暮らしの高齢の女性が亡くなり、10年以上放置された空き家。

その空き家に、遺品整理業者が入ります。

散乱した家を整理していると・・

現金30万~40万円が!

さらに整理を進めると、紙袋から500万円が出てきます。

その後、札束が出るわ出るわ。総額3000万円以上になりました。

タンスを開くと輝くゴールドが・・

純金1700万円相当です。

整理業者の社長のコメント。
「手元に現金を置いておくと、安心する高齢者は多い」

「遺品整理の依頼をする人たちは」

「タンスに 少しでも現金を蓄えておくことで安心する」

「遺産」の国庫帰属額は
この10年で倍の400億円に達しているそうです。

お金は使ってなんぼ

この高齢女性が10年前に住んでいた空き家からには、5000万円近くが眠っていたようです。

この何にも使われなかった5000万円という大金が、もしも10年前に有意義な使われ方をしていたら、今社会にとってどれだけの利益を生み出していただろうか。

5000万円あれば、お金がないがためにチャンスを失った子供に、多くの希望と機会を与えることができたかもしれません。

お金しか頼るものがなかった老婆は不憫です。
お金しか信じられない人生だったのでしょうか・・

目的なくお金を貯めても、幸せになれるとは限らないと考えさせられる放送でした。




清水軍曹
わざわざ私の紹介文に目をつけるとはセンスがありますね。美的感覚が鋭い。ゴッホも絵筆を捨てて逃げだすレベルです。 FC内で私を見かけたら「紹介文を見た」と声を掛けてください。お得なクーポン券を差し上げます。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事