【アニキの株塾】投資で利益を得る、たったひとつの公式

よぉ、みんな元気か?
financialcollegeのアニキ
チンピラトレーダーの中川だ。

今日は、前回の続きを。

前回の復習

「この世にノーリスクの投資など存在しない」
と書きました。

リスクとは『不確実性』

つまり
リスクがあるから、投入した資金がそれ以上に膨らむ可能性、幅があるという事なのだ。

なので
「ノーリスクの投資をしたい」
なんて言ってちゃダメだぞ☆
って事を言いました。

 

プラスとマイナスの振れ幅は同等?

一般的に統計学では「プラスとマイナスは同確率」と言われている。
だが実は、常に同等なのではなく、時間・タイミングによって、少し偏りが生じる。

この偏りが自分に有利な場合
市場では「優位性がある」と言います。

過去の事例から導き出す確率論により、どちらか一方向に進む確率はもう一方より高くなる。

この優位性が無ければ、投資は常に50:50の結果しか現れず、それはギャンブルと変わらない。

 

リスクを味方につけるには?

いつも自分の優位性を確認したうえでリスクを取れば、その判断が正しい時、それは利益となる。

「優位性を持つ」+「リスクを取る」

投資で利益をあげるにはこれだけで良い。
というか、この公式しかない。

単純明快だ。

「リスクは振れ幅」
つまり、リスクは普段、敵でも味方でもない。

ただし優位性がある場面でのみ
リスクはちょっとだけ我々にえこひいきしてくれる。

 

ポーカーテーブルで、誰がカモか判らないときは…

逆に言えば、自分にとって優位性があるかどうか判らない場合、そのリスクは取るべきではない。

優位性なく取るリスク、それがギャンブル。

優位性のない場所で勝負をしてはいけない。
もし勝負に入ってしまっていたら、すぐさま降りるべき。

周りを見渡してカモがいなかったら、その時は自分がカモである

有名なポーカーの格言だが、カモがいわゆる優位性だ。

今回の歴史的市場、16連騰していた最中、自分にとって今は優位なのかどうなのか…
判らなかった人が、入れなかったのでしょう。

なのでそう言う意味では、メディアや周りに煽られ飛び付いて、偶然利益を得られた人よりは、優秀なのかもしれないね。

【まとめ】

リスクを取るときは、必ず優位性が確認できた場所で。




中川祥徳
専業の株トレーダー。『お金に対する思い込みが外れればお金に関わる全ての事は上手くいく』 Financial Collegeで【正しいお金の判断基準】が身に着いていくにつれ、 トレードで安定した成果を残せるようになり、結果独立できるまでに至りました。将来的には、真面目にお金の話ができて、ビジネスで組む事もできて、 遊びとなれば思い切りバカな事もできる、そんな仲間たちが集う 日本一のコミュニティを作り上げたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事