【アニキの株塾】リスクとはなにか?

よぉ、みんな元気か?
financialcollegeのアニキ
チンピラトレーダーの中川だ。

朝晩の冷え込みが厳しくなってきたねぇ。
さすがに胸元開けてんのもしんどくなってきたよ(笑)

歴史的快挙!…なのに

日経平均は10/24に、【史上初】の「16日連騰」を記録した。世界の景況感改善、Trump政権の税制改革期待、米国株価の堅調、ドル/円が一時114円台に乗せる円安基調が主因である。

との事。
シレッと、歴史的快挙を成し遂げていたらしい。
たしかに、面白いほどバカスカ利益が膨らんでいくなぁとは思ってたけど。

さて、そんな史上初となる連続上昇でも
個人投資家の中には思うように利益を上げられなかった方も多かったようです。

変な銘柄を掴んでしまって上がらなかった…
と言う人もいるでしょうが、圧倒的に多かったのは「そもそも入らなかった」人。

 

リスクの本当の意味って知ってる?

利益をあげる単純な理屈とはなにか
それは

「リスクを取ること」

 

さて、では「リスクとは何か?」
と訊かれたら、何と答えますか?

「損をすること」でも
「危険度」でもありません。

リスクの本当の意味は『不確実性』。
※この辺は、Financial College第4週目でやりますね(^_^)

 

つまり
「リスクを取る」とは
「不確実な状態に身を置く」

ということ。

投資においては、市場に資金を投入し、
何らかのポジションを持つこと。

今回の16連騰で利益を上げられなかった投資家は、日経平均が20000円超えの高値圏にあることが怖くて様子見を続け、資金を入れていなかった人たち。

当たり前だが、そもそもポジションを持っていなければ、利益を上げることはできない。

入らない理由が「高値圏だから怖い」
では、リスクを受け入れる気がないと言っているようなもの。

 

不確実性があるから、そこに利益の可能性がある

多くの人は誤解している(もしくは心の何処かで信じている)が、確実な投資などこの世に存在しない。

仮に、どんな高純度のインサイダー情報をもらったとしても、翌日テロでも起きようものなら、世界中がパニックになる。

 

投資は常に不確実なもの。

 

市場に資金を入れた瞬間から、
資金は減るかもしれないし、増えるかもしれない。

これが不確実性。

減るリスク(ダウンサイドリスク)があるから、増えるリスク(アップサイドリスク)があるのだ。

たまに
「ノーリスクの投資をしたいんですけど」
などと言う人もいるが、気をつけて。

自分の無能を露呈しているだけですよ。

それは
「資金が増加する可能性の無い投資をしたい」
と言ってるのだ。

わかりますかね、この矛盾した言葉σ(^_^;)

 

次回予告

ただし
一般的に統計学では「プラスとマイナスは同確率」と言われているが・・・

長くなってしまうので、また次回。




中川祥徳
専業の株トレーダー。『お金に対する思い込みが外れればお金に関わる全ての事は上手くいく』 Financial Collegeで【正しいお金の判断基準】が身に着いていくにつれ、 トレードで安定した成果を残せるようになり、結果独立できるまでに至りました。将来的には、真面目にお金の話ができて、ビジネスで組む事もできて、 遊びとなれば思い切りバカな事もできる、そんな仲間たちが集う 日本一のコミュニティを作り上げたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事