【報告】クラウドファンディングで応援中の北田雄夫氏から、素敵な品を受け取りました

パッパラパッパッパー パッパラパッパッパー(ラッパ音
こんにちわ。私がファイナンシャルカレッジの清水軍曹です。

昨日、身に覚えのない荷物が届きました。

「隠れファンからのプレゼントか!?」

と思ってよく見たところ、

「北田雄夫」

とありました。(講師北田の弟さんです)
どうやら2か月前にクラウドファンディングでパトロンになったので、そのリターンが届いたようです。

夢を応援したい!そんなあなたもクラウドファンディングなら誰でもパトロンになれるぞ!

こちらがそのページになります。

「世界七大陸アドベンチャーマラソンを走破し、日本人の魂を世界に示したい!」

https://camp-fire.jp/projects/view/26676

荷物の中を開けてみた

さっそく荷物を開けてみました。

お菓子とサングラス、それと手書きのメモです。
サングラスは自分で選べたけど、お菓子はささやかなおまけかな?
ありがたく頂きます。

本人の直筆。丁寧な方です。

モノは質よりストーリーで買う時代

最近は質そのものより、ストーリーを前面に出すとモノが売れるそうです。
製品がコモディティ化(一般化)され、製品の質で差別化できなくなったためです。

そこでこのサングラス。

サングラス自体はおそらく数千円ぐらいの品だと思われます。
しかし、このサングラスが自分の手元に届くまでのストーリーは、他のサングラスでは代用できないものであることを感じさせます。

日本人は古来から「モノには神様が宿る」と信じられてきました。
その信仰が世俗で揉まれ、「もったいない」という言葉が生まれたのではないかと思っています。
そう考えると「20世紀型 大量生産・大量消費」は、日本人には適合していなかった。
そんな気がします。

サングラスをかけて見えた景色は、そんなセピア色の情景でした。

今後の北田雄夫

目標額には到達したので、最後のアドベンチャーマラソンに挑戦できるとのことです。
ささやかな額ではあるけれど、これでも一応投資した側です。

投資はした側もされた側も、その関係ができた瞬間から運命共同体です。

「このレースを完走した先にあるもの、それを見てみたい」

何かの雑誌の切り抜きで見た北田氏の言葉に、心が動かされました。
自分もその先を見てみたい。
そんなわけで応援しています。

がんばれ北田雄夫!!

次の記事

【報告】クラウドファンディングの出資によって、北田雄夫氏が世界7大陸走破を達成されました!




清水軍曹
わざわざ私の紹介文に目をつけるとはセンスがありますね。美的感覚が鋭い。ゴッホも絵筆を捨てて逃げだすレベルです。 FC内で私を見かけたら「紹介文を見た」と声を掛けてください。お得なクーポン券を差し上げます。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事