Officeと同機能なのに無料!Google Appsはおすすめだぞ!

パッパラパッパパー パッパラパッパパー (ラッパ音
こんにちわ 私がファイナンシャルカレッジの清水軍曹です。

Microsoft Office使ってますか!?
Word、Excel、PowerPointとかあれです。

Officeは仕事の現場では、なくてはならない超メジャーなソフトです。
Officeがないと、どうやって仕事をすればいいのか分かりません。
ワープロ(死語)を引っ張り出してくるしか思いつきません。

そんなMicroSoft Officeはパソコンを買ったら、ほぼインストールされています。
ただしその分だけ価格は高くなっています。

「ないと不便だし、あったほうがいいよなぁ・・」

ちょっと待ってください!
今はMicroSoft Officeがなくても、ファイルは見れるし、作れますよ!

最新版Microsoft Officeの定価

Microsoft Officeはソフトウェア群の総称です。
中でもWord、Excel、PowerPointは有名でしょう。
というよりこれぐらいしか使わない。

これらが使えるWindows版Officeの値段をAmazonで調べてみました。

Office Home and Business 2016
内容:Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote
アップデート:不可
使用年数:永続
使用台数:2台
価格:34160円

 

Office 365 solo
アップデート:可能
内容:Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Access
使用年数:1年
使用台数:1台
価格:11581円

Officeは約3年ごとにバージョンアップされます。
最新版を使い続けたいならば、soloが良いのかもしれません。

しかし年間1万円はなかなか痛い。
抑えられるならば、抑えたい出費です。

Google Appsのすすめ

Google AppsはGoogleが提供しているサービスです。
Googleアカウントを持っていれば誰でも利用することができます。

https://www.google.com/intl/ja_jp/docs/about/

Google Appsは全てオンライン上で行われます。
そのため、インターネットに接続できる環境が必要です。
オンラインの利点として、どこからでもアクセスでき端末に縛られることはありません。

また共有したい相手にGoogleアカウントがなくても、ファイルのリンクさえ伝えれば、ファイルを閲覧することができます。
作成したファイルは、端末にダウンロードすることもできます。
台数制限や年数制限もありません。
そしてもちろん無料です。

(余談:Google AppsはG suiteという新しいサービス名になっている様子。ただこれが有料しかない。だったら今の無料のサービスは何なんだと、Googleのサービスについてググってみたけどよく分からなかった

ドキュメント(Word)

Wordに相当するものです。
使い勝手は全く同じではありませんが、直感でだいたいのことはできます。

 

スプレッドシート(Excel)

Excelに相当するものです。
関数も使えます。しかし残念なことにVBAは使えません。
そのかわりJavascriptベースでプログラムを組めるので、VBAの代わりにはなります。

 

スライド(PowerPoint)

パワーポイントに相当するものです。
最近はもっぱらこれでパワポ資料を作ってます。(もちろん仕事用ではありませんが)

 

実はまだある無料で使えるOffice代替サービス

Google Apps以外にも無料でOfficeの代わりになるサービスがあります。

MicroSoft Office Online

https://products.office.com/ja-jp/

本家MicroSoftが提供しているサービスです。
GoogleAppsと同じコンセプトの、オンラインでのみ使えるサービスです。
本家だけあって、使い勝手は本家Officeとほぼ同じです。
なぜか脚光を浴びていない。

Apple iWork

https://www.apple.com/jp/iwork/

Apple製品でしか使えない、Officeと同等の機能があるソフトウェアです。
公式サイトには「Officeと互換性がありますよ!」と謳っています。
ユーザーに独自規格を強制するAppleが「互換性」という言葉を使っている稀有な例。

Apache OpenOffice

http://www.openoffice.org/ja/

Webサーバーで有名なApacheが提供している無料のソフトウェアです。
最大の特徴はオフラインでも使えることです。
そのため、端末ごとにソフトウェアをインストールする必要があります。

LibreOffice

https://ja.libreoffice.org/

OpenOfficeから派生したOffice互換のソフトウェアです。
10年ぐらい使っていますが、起動が遅い・動作が重い・フリーズする等、いいところがない。
たまにOfficeファイルを開く必要があったので、いやいや入れています。

お金を払う前に検討してみては?

上記サービスやソフトは全て無料です。
それぞれ「互換性がある」と謳ってはいますが、完璧ではありません。

お役所のようないちいち細かい規定を求めるところと仕事をするなら、Officeを買うのが無難です。
ビジネスに絡むならばOfficeにしておくのがベストでしょう。

またエクセルのVBAをゴリゴリ使いたい場合はOfficeを買うしか選択肢はありません。
今回紹介したサービスは全てVBAを使えないからです。

それ以外の場合、

・ちょっとだけファイルの内容を確認したい
・かるく説明資料を作りたい
・Officeはたまにしか使わない

となれば、無料のサービスで十分だと思います。




清水軍曹
わざわざ私の紹介文に目をつけるとはセンスがありますね。美的感覚が鋭い。ゴッホも絵筆を捨てて逃げだすレベルです。 FC内で私を見かけたら「紹介文を見た」と声を掛けてください。お得なクーポン券を差し上げます。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事