【アニキの相談塾】「もう働きたくない…トレーダーとして独立したいです」にプロの俺が答える。

よぉ、みんな元気か?
FinancialCollegeのアニキ
チンピラトレーダーの中川だ。

こそっといまでも開催中
『アニキの相談室』
に、こんなお悩みいただきました。

会社を辞めたいから、
専業トレーダーを目指して
トレードに取り組んでいるらしい。

だが、なかなか思うように
安定的な利益が出せていないそうなんだ。

その原因をトレードで食えている俺が相談にのったってわけだ。

「会社からの逃げ」がきっかけ

彼がトレーダーを目指したい理由はこんな感じ。

「毎日締め切りに追われストレスが溜まる。
だから締め切りに追われず自由に稼げる
トレーダーになりたいんです」

なるほど。

会社にいけば上司や得意先から
次から次へと指示や命令が飛んでくる。

「今日中に〇〇を終わらせてくれ」
「次はあれやれ、これやってくれ」

好きな時にパソコンに向かい
テキトーに鼻くそほじりながら
誰とも関わることなくお金が稼げる。

そんなふうにトレーダーが見えていたら
そりゃ誰もが選びたいはずだよな。

 

「投資だけは簡単」「ラクにうまくいく」という幻想

さて
「トレードで利益が上がらない」
と一言でいっても、その理由は多数存在する。

利益を安定化させるための
手法検証の仕方がわからないのか?

利益をあげるための
トレード手法が確立されていないのか?

ルールを構築するための
トレード知識が身についていないのか?

知識を身に着けるための
実践練習をしていないのか?

こうした悩みは、
トレードレベルや環境によって
人それぞれでしょう。

しかしこの方はそもそも
トレードを習得するための時間を
取っていなかった。

気分でトレードの勉強をして
眠くなったら今日はそこまで。

勉強といってもトレードの本を読む程度で
メモさえ取らずに「勉強していた」という。

チャート画面を見るのも気分によって
「今日は時間がないから」
と、ひらかない日もしばしば。

トレードの世界は1:9。

9割の人間が負け、勝ち組はたったの1割という世界で
たかが寝る前にちょっと本を読んだだけで勝てるようになるなら
みんなすでに大金持ちだ。

トレードの世界は誰も強要してくれない。

この世の仕事には、強制力が働いている。
会社員なら与えられた仕事を
こなさなければいけない。

しかし

トレードは
やるのも自由だしやらないのも自由
好きな時に市場に参入し、出るのも自由
どの銘柄を選ぶのか、買うか売るかも自由

そしてトレードは確率の世界。
勝ち続けることはできず、負けは必ずある。

その勝ちと負けを繰り返し
トータルで利益をあげるというのがトレードの本質。

つまり確率論に則って
毎日同じことを淡々と繰り返さなければ
求める結果は手に入らないのだ。

【まとめ】自分を律するやつだけがトレードで成功する。

トレードで独立したいなら
まず身につけなければならないのは
『自己規律』

自分で自分を律しなければいけない。

強制力のない世界で自分でルールをつくり
それを守っていく

出社時間も仕事内容も
休憩も給料の額も
全て自分で決めなければならない

「なんでもやっていいよ」
「どこへ行ってもいいよ」
と言われる自由の世界って
実はとても大変
なのだ。

お悩み相談をくれた彼には

「毎日30分でも良いので
必ずチャートをチェックする
ことからはじめてみてください」

とアドバイスした。

実践よりも前、まずは
『トレードの勉強』から
自己規律を取り入れる訓練をする。

しかし、こんな簡単な自己規律さえ
最初はなかなか守れないのが人間てもの。

さて、どうなるか。あとは彼次第。

自由の世界は意外と不自由。ってことだ。

「自由」と「ラク」は違う意味だときちんと理解したやつだけが勝つことができるんだぜ。

 

俺の株セミナー】その株の悩み、おれが解決するぜ。

株の悩みといっても、相談できる相手、なかなか周りにいないんじゃないか?

そういう時は俺が直接相談にのるぜ。
おれも最初は手探りでやってたからおまえらの気持ちはよくわかるつもりだ。

もしくはおれのこのページで取り上げてほしい悩みがあったら、
お問い合わせフォームから気軽に聞いてくれ。

→お問い合わせはこちら

俺はいつだってお前らの味方だ。

じゃ、また会おうぜ!!

 




中川祥徳
専業の株トレーダー。『お金に対する思い込みが外れればお金に関わる全ての事は上手くいく』 Financial Collegeで【正しいお金の判断基準】が身に着いていくにつれ、 トレードで安定した成果を残せるようになり、結果独立できるまでに至りました。将来的には、真面目にお金の話ができて、ビジネスで組む事もできて、 遊びとなれば思い切りバカな事もできる、そんな仲間たちが集う 日本一のコミュニティを作り上げたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事