夢を応援したい!そんなあなたもクラウドファンディングなら誰でもパトロンになれるぞ!

パッパラパッパッパー パッパラパッパッパー (ラッパ音
私がファイナンシャルカレッジの清水軍曹です。

今の時代のキーワードはフィンテック(fintech)です。
これは「finance」と「technology」を合わせた造語です。

インターネットが誕生してすでに50年以上が経ちました。
そしてここ数年の集積回路の高密度化、回線速度の上昇・・
次々に新たなサービスが登場しています。

・仮想通貨(bitcoin、Ethereum)。
・ロボアドバイザー(THEO、WralthNavi)。
・個人間送金(LINE Pay、SPIKE)。

まだまだありますが、今回紹介するのは「クラウドファンディング」です。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です。
資金が必要な人がインターネットを通して、群衆から資金調達をするってことです。

クラウドファンディングのプラットフォームは乱立気味ですが、

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

が日本では有名です。
リンク先を見てもらえば分かりますが、いろいろなプロジェクトが立ち上がっています。

例えば

世界七大陸アドベンチャーマラソンを走破し、日本人の魂を世界に示したい!

という夢を応援するプロジェクトがあります。

「この夢を応援したい、挑戦を見たい!」

そう思ったときは、簡単に資金援助というかたちで支援できます。
つまりパトロンです。

投資ではないので、基本的に見返りはありません。

「それでも応援したい!」

という人々の善意によって成り立っているサービスです。
(プロジェクト完了によりできた成果物(モノサービス)を受けとれる場合もあります)

話題になったプロジェクト

資金調達をクラウドファンディングで行い、話題になったプロジェクトです。
聞いたことがあるものもあるかもしれません。

キングコング西野の個展『えんとつ町のプペル展』を入場無料で開催したい!

お笑い芸人キングコングの西野氏が個展を開きたいということで、パトロンを求めていました。
パトロンになると、個展の入場料が無料になる特典が付けられました。

https://camp-fire.jp/projects/view/10837

1,800,000円の目標をはるかに凌ぐ46,373,152円が集まり、6257人のパトロンが現れました。

新しいビジネスモデルとして話題になりました。

片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化を応援

マンガ「この世界の片隅に」を映画化するプロジェクト。
21,600,000円を目標設定にしたところ、39,121,920円が集まり、3374人のパトロンが現れました。

https://www.makuake.com/project/konosekai/

2016年は「君の名は。」がアニメ映画として大ヒットしましたが、当作品は一部の口コミから静かに話題となり、作品性が認められ異例のヒットとなりました。

実際にパトロンになってみた

せっかくなので実際にパトロンになってみようと思います。
すでに会員登録済みです。

https://camp-fire.jp/projects/view/26676

ここから右下の「プロジェクトを支援する」を選択します。

リターンをお選びくださいと出てくるので。。

5000円出資時の「オリジナル サングラスセット」を選択。
10月に届くらしいです。

次に支払方法を選択する項目があります。
ここではクレジットカードを選択しました。
さらに応援コメントを付けれるようです。

クレジットカード情報を登録します。

 

必要事項を記入したら「完了」を押下すれば・・

「おめでとうございます!あなたはパトロンになりました!」

あっという間にパトロンです!

パトロン一覧画面の78番目にさりげなく登場。

埋もれた才能がクラウドファンディングによって発掘される未来

ゴッホやピカソ。
今も名を残す芸術家ですが、彼らにもパトロンがついていました。
この時のパトロンはフランスの上流階級です。
パトロンがいなければ、ゴッホやピカソの名は今に残っていなかったでしょう。

ゴッホやピカソは田舎で絵を描いていたら、口コミが広がって、パトロンが勝手についたわけではありません。

パトロンを求め、パリにまで行って活動していました。
パリに行かなければ、パトロンに出会うこともなかったでしょう。

パトロンを得るには特定の場所に行かなければ、宣伝ができません。
また特定の場所にいなければ、その情報が入ってきません。
「パトロンを得る、パトロンになる」というのは、ハードルが高いことだったのです。

そうした機会を得られず、埋もれていった才能は歴史の中にどれだけあったでしょうか。

しかし今はクラウドファンディングがあります。
簡単にパトロンを探せるようになりました。
今まで資金がないため、なくなく諦められていたプロジェクトが一気に動き始めました。

しかもパトロンは「大金を持った少人数の金持ち」ではなく、「小金を持った大多数の群衆」です。
後者の方が資金を集めやすいのは明らかでしょう。

クラウドファンディングによって、埋もれた才能がどんどん発見される。
クラウドファンディングによって、諦めた夢が次々に実現する。

フィンテックによって全く新しい世界が始まりそうでワクワクしますね。

次の記事

【報告】クラウドファンディングで応援中の北田雄夫氏から、素敵な品を受け取りました




清水軍曹
わざわざ私の紹介文に目をつけるとはセンスがありますね。美的感覚が鋭い。ゴッホも絵筆を捨てて逃げだすレベルです。 FC内で私を見かけたら「紹介文を見た」と声を掛けてください。お得なクーポン券を差し上げます。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事