【アニキの株塾】ルーティンワークを極めることが「必勝パターン」になる。

よぉ、みんな元気か?

FCのアニキ、チンピラトレーダーの中川だ。

いよいよ梅雨も明けて夏本番だな。そしてビールがうまい。

今年も俺の季節がやってきたぜ!!!!!

「ルーティンワーク」って本当にネガティブ?

季節の移り変わりを感じると、

同じような日々でも

ちゃんと時は過ぎ去ってるんだと実感するねぇ。

「私はただ毎日ひたすらに
単調なルーティンワークを
こなしているだけである」

この文章をどう捉えたかい?

 

英単語『routine』には、
「決まりきった日常の仕事」や
「日課」といった意味があります。

これがそのままカナカナ語になったのが
『ルーティンワーク』。

 

「ただただ同じ事の繰り返し
そこには何の刺激もない」

と、日々の業務を嘆くようなネガティブな言葉としても使われる事はないだろうか。

 

結果を出すためのルーティンワークは「必勝パターン」に似ている。

だがこの「ルーティンワーク」
「決まり切った日常の作業」には
ネガティブではない別の側面もある。

世界で活躍するトップアスリート、
スーパースター、成功者たちの多くは
自分だけのルーティンワークを
構築している。

毎日何時に起きて、
何時に食事を摂り、
何時から練習を始めて、
何時に就寝する。

彼らは勝つために
ルーティンワークを作り、
そして結果を出している。

いわゆる必勝パターンってやつだ。

有名なところで言うと、あの「イチロー」は日々のリズムを崩さないように、
メジャーに移籍してからずっと朝はカレーらしい。


周りはそれを「ストイック」と言うんだろうね。

 

【まとめ】自分なりの「ルーティンワーク」をつくる。それはトレードでも一緒。

トレードにおいても
ルーティンワークを作ってみよう。
まずは無理のない
自分なりのもので構わない。

毎朝決まった時間にチャートを確認する。
トレードの過去検証をする。
本を読み、得た知識をアウトプットする。

ルーティンで積み重ねたものだけが
自分の奥底に蓄積され
確たる自信に繋がっていく。

また、トレードに臨む準備を
毎回同じ流れにすることで、
精神的な安定にも繋がる。

ルーティンな作業は
基本的には単調でつまらないもの。

しかしそれを毎日愚直に
継続的におこなうことが出来る者が
大きな結果を掴むことができるのです

千里の道も一歩から
日々の努力を惜しまないものだけが、
大きなモノを積み上げられるんだぜ!

 

【俺の株セミナー】その株の悩み、おれが解決するぜ。

株の悩みといっても、相談できる相手、なかなか周りにいないんじゃないか?

そういう時は俺が直接相談にのるぜ。
おれも最初は手探りでやってたからおまえらの気持ちはよくわかるつもりだ。

もしくはおれのこのページで取り上げてほしい悩みがあったら、
お問い合わせフォームから気軽に聞いてくれ。

→お問い合わせはこちら

俺はいつだってお前らの味方だ。

じゃ、また会おうぜ!!




中川祥徳
専業の株トレーダー。『お金に対する思い込みが外れればお金に関わる全ての事は上手くいく』 Financial Collegeで【正しいお金の判断基準】が身に着いていくにつれ、 トレードで安定した成果を残せるようになり、結果独立できるまでに至りました。将来的には、真面目にお金の話ができて、ビジネスで組む事もできて、 遊びとなれば思い切りバカな事もできる、そんな仲間たちが集う 日本一のコミュニティを作り上げたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事