【アニキの株塾】手法は二流でも良い!大切なのは決断力! 孫子の兵法からトレードを学ぶ

よぉ、みんな元気か?

FCのアニキ、チンピラトレーダーの中川だ。

今も語り継がれている格言や古典などには普遍的な『学び』があるよな。

『孫子の兵法』など、その代表格。
現代でも社長や経営者の多くが
孫子の教えを胸にビジネスをしている。

そしてトレードの世界においても
孫子の兵法からは多くの事が学べるんだ

手法はどうあれ、まずは素早く仕掛ける。

【兵は拙速なるを聞くも
未だ巧久なるを賭ざるなり】

戦には拙速(まずくともすばやくやる)
というのはあるが
巧久(うまくやり長引く)という例は無い。

そもそも戦が長引いて国家に利益がある
など、あったためしがない。

トレードを『戦』と例えた場合、

手法は稚拙でも素早く仕掛ける。
完璧を求めて長く分析を重ねたところで
上手くいったためしがない

といったところだろうか。

 

日本人は完璧主義者で正解依存症

 

小・中・高と学校教育の賜物(皮肉)から私たち日本人は『正解依存症』が多く完璧に準備を整えなくては勝負をしない
という傾向がある。

テストで、誤回答して恥をかくぐらいなら
そもそも答えない、白紙のままで無回答。
…なんて、この典型だな。

相場はつねに動き続けており刻一刻と変化をしている。
そこでは、一瞬のタイミングを見逃さず、パッと行動できる俊敏性が大切になるんだ。

いつも言っていることだが投資の世界は確率論。
100%なんてありえない

じっくり時間をかけて
納得いくまで分析を重ねて…
それが損切りにでもなったら
時間も神経もムダにすり減らしてしまう。

分析をかけるのは悪くないが
必要以上に分析をかけすぎると
その銘柄に「思い入れ」と「思い込み」
という名の愛着が生まれちまう。

完璧を追い求め必要以上の分析を重ねるより
「トレードは勝ったり負けたりするもの」
という前提で、チャンスに俊敏に対応する。

そして手仕舞うべき時がきたら
躊躇いなくそのトレードを終了させる。

 

【まとめ】決断の速さこそ、勝ち組投資家の必須条件

慎重派よりも決断の早い人間のほうが
はるかに大きな利益を得られる可能性があるんだぜ。

うだうだ考えている暇があったら、まずは決断してみてはどうだろう。

【俺の株セミナー】その株の悩み、おれが解決するぜ。

株の悩みといっても、相談できる相手、なかなか周りにいないんじゃないか?

そういう時は俺が直接相談にのるぜ。
おれも最初は手探りでやってたからおまえらの気持ちはよくわかるつもりだ。

もしくはおれのこのページで取り上げてほしい悩みがあったら、
お問い合わせフォームから気軽に聞いてくれ。

→お問い合わせはこちら

俺はいつだってお前らの味方だ。

じゃ、また会おうぜ!!




中川祥徳
専業の株トレーダー。『お金に対する思い込みが外れればお金に関わる全ての事は上手くいく』 Financial Collegeで【正しいお金の判断基準】が身に着いていくにつれ、 トレードで安定した成果を残せるようになり、結果独立できるまでに至りました。将来的には、真面目にお金の話ができて、ビジネスで組む事もできて、 遊びとなれば思い切りバカな事もできる、そんな仲間たちが集う 日本一のコミュニティを作り上げたいと思っています。

RECOMMEND

この記事を読んだ人にオススメの記事